愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

いぶき 令和五年二月号より

机ひとつ寝台ひとつ冬の月 黒田杏子

木枯しや夢の続きを夢で見る 今井豊

悼む 友岡子郷氏

雁や泪こぼさず訃報聴く 中岡毅雄

吾亦紅短く弔意つたへつつ 同上

すこしづつ悼むこころや草の花 同上

つぶやきにかよふさびしさ冬の綿 同上

鶏頭や流れて雲の形なさず池田喜代持

鶏頭や紅引く妻を納棺す 同上

鶏頭の葉裏のことに濃かりけり 同上

雨あがる日の鶏頭の燃え立ちぬ 同上

鶏頭や寧日なきにすでに慣れ 同上

どこで咲く黄泉比良坂鶏頭花 同上

鶏頭の枯れをる愚直愛すべし 同上

鶏頭やにはかに人の声欲しき 同上

父を看る母を見て居る秋茜 畝加奈子

さざなみに光さすらふ晩夏かな 滝川直広

ゴシックの女のごとく黒揚羽 同上

独り言叫ぶ人あり聖五月 羅賢楼

 

滝令和五年二月号より

 

鳴りながら冬の風鈴おろされぬ鈴木花明

バレリーナの背のやはらか十二月 芳賀翅子

小六月犬に生れて犬と居る 栗岡信代

寒菊や微かに残る飛行音 鎌形清司

黒波の浜に合掌冬たんぽぽ 八島敏

凍滝の内に秘めたる流れかな 阿部華山

たましひはいつも枯野に置いたまま 谷口加代

耳飾り痛き青畝の忌なりけり 遠藤玲子

流れゆくものに別れや浮寝鳥 赤間

パーキンソン病の義父よ

雪踏みにける振戦の身を乗せて 成田一

翔さんの居ぬ前列に悴めり 同上

海底の無音を思ふ冬の薔薇 石母田星人

凍滝の星のつぶやき鬨也の忌 今野紀美子

天翔る支柱の如く滝凍つる 阿部華山

 

節分


f:id:inamorato:20230203203357j:image
f:id:inamorato:20230203203400j:image
大空に根を張るつららだと思へ 櫂未知子

初磐梯裳裾を湖に濡らしけり 佐久間晃祥

初日受く日毎に祈る神の山 岡崎宝栄子

薺打つひとりに余ることばかり 徳田千鶴子

人日の手に頂きて新刊書 望月百代

添ひ寝して子に初夢を蹴られけり 五十嵐かつ

富士見ゆる所が上座初句会 細川富士夫

たかんな 2023年1月号 30周年記念号より

寒竹の子の大空をめざすべく 片山由美子

相集ふ人の明るき竹の春 木村秋湖

よろこびに白鳥大き羽ひらく 小野寿子

ひつかかる小骨や義士の日と思ふ 吉田千嘉子

帰り路は星をしみじみ年忘 同上 

たかんな30周年

大鷲のたかむらの空飛翔せり 同上

明方の雨意の風待つ百日紅 小川三胡

釣針をくはへ鰯のうねり止む 畑中美子

 

 

ひかりつよくして切株の雪解かな 大野林火

凧日和流氷湾に押し入りつ 澤田緑生

月いよいよ大空わたる焼野かな 飯田蛇笏

ためらひて梅の下ゆく芝火あり 松本たかし

塞がむと思ひてはまた炉につどふ 馬場移公子

連翹を束ねて垣を繕へる 那須乙郎

北窓をけふ開きたり友を待つ 相馬遷子

カント 実践理性批判

ここに2つのものがある。それは我々が、その物を長く思念すればするほど、新たな感嘆と畏敬の念を持って我々の心を余すことなく充足させるものだ。つまりそれは私の上なる星を散りばめた天空であり、私の内なる道德法則である。私はこの二つの物を暗黒に閉ざされた物として、あるいは超越論的なもののうちに隠されたものとして、私の視界の外に求めたり、単に推測したりすることを望んだりはしない。私は現実にこれを見て、この二つのいずれをも、私の実在の意識に直接連結することができるのである