愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

竹 萩原朔太郎

 

ますぐなるもの地面に生え、

するどき青きもの地面に生え、

凍れる冬をつらぬきて、

そのみどり葉光る朝の空路に、

なみだたれ、

なみだをたれ、

いまはや懴悔をはれる肩の上より、

けぶれる竹の根はひろごり、

するどき青きもの地面に生え。