愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

フリードリヒ・デュレンマット

フランツィスカ 誠実さというものは、人間の心の問題ではなくて、組織の問題なのよ。 ヘルベルト 誠実さを貫き通すには、悪を行うよりもずっと傍若無人になる必要がある。 「フランク五世」より

窪田空穂

為べき用傍におきて、眼をそむけ空を見るなり、見る空はたのしとはあらず、為べき用しばし忘るる楽しさに 鳴く蟬を手握りもちてその頭をりをり見つつ童走せ来る 鳳仙花ちりておつれば小さき蟹鋏ささげて驚き走る 『鏡葉』より

上野犀行 第一句集 『イマジン』を読む

『イマジン』は上野犀行の第1句集。序:水田光雄。 『イマジン』だが、印象は『ジョンの魂』 ジョンの魂 - Wikipedia 処女句集=ソロ1作目 ポートレイトであること ロックンロールとは、悲しみをあくまで元気に歌う音楽であること など共通する点が多い。 …

秋深し

湯豆腐

湯豆腐やいのちのはてのうすあかり 久保田万太郎

紫式部の実

縷紅草

この先のわが楽しみも苦しみも逝きし母とは分かち合うなし

メロン

南瓜

焼骨

この骨がどこの骨とかどうでもいい母が帰ってくるはずもなく

route 66

餡蜜

この装置外せば母は生きられぬ今宵も髪を撫でつつ眠る

「延命はしない」と母の言ひにけりハイビスカスに沖よりの風

霧降高原キスゲ平

蜻蛉

ハイビスカス

延命はしないと母の告げにけりハイビスカスの日を浴びて咲く 延命をしないと母の言ひにけりハイビスカスの日を享けて咲く

鬼怒川

ほうたるよひとつはわがてのひらへ ほうたるよ母ありてこの命あり

ZUCCa

http://zucca-italian.com/

なんでなんで期と詩集

子どもが3歳になる。この時期は、なんで?なんで?を繰り返して、親を悩ませる。 それに一々答えることもよいのかもしれない。 だが、図鑑をもって調べることの面白さを伝えている。 これは多くの人が推奨しているようである。 自然科学的な正解があること…

百合ひらく

百合

百合

山法師

初節句

上田 小諸