愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

2022-01-17から1日間の記事一覧

根岸善雄先生長逝

『塔』第五集 根岸善雄集より 「『青渦』のあとがき」に作句の目標として、「内をつねに勤て物に応ずれば、その心のいろ句となる」(赤冊子)と書いた。この気持ちは今も変らないし、今後も試行錯誤しつつ、模索してゆきたいと思っている。 現在も心がけてい…