愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

俳句

アカシアの花

苜蓿

カーネーション

柏餅

麗かや小魚跳ぬる潮だまり 鹿又英一 いつまでもかはほりの飛ぶ薄暑かな 島村正 蜷の道覆ひて川藻流れゆく名和未知男

みどりの日

遠い日の雲呼ぶための夏帽子 大牧広 衣をぬぎし闇のあなたにあやめ咲く 桂信子 竹の葉の落ちゆく先も竹の谷 鷲谷七菜子 布織ってをり垂直に汗落ちて 中山和子 行春の一人旅にて淋しかろ 大竹孤愁 残り葉の人のけはひに散りかかる 同上 一山の挿頭と見ゆる桜…

兜飾る

鮒鮓や夜の底深き湖の国 伊藤伊那男 平凡を願ふくらしや胡瓜漬 三沢久子 冷し瓜回して水の流れ去る 大串章 冷し西瓜縞目ゆたかに浮びをり 浅井よし子 茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾加藤楸邨

山桜

全長の滝となるまで後退り 白岩敏秀 人はみな優しくなれり冬帽子 中尾公彦 鳥獣の星座組み上げ山眠る 山田佳乃 一弁もみだれず風の夕牡丹 水原秋桜子 鳥籠に鳥の居ぬ日々春深し 徳田千鶴子

つくつくしまた問ふ母へまた応ふ 岡崎郁子 捕虫網野の風を追ひ兄を追ひ河野由美 引き返すことなき徑や草蛍 近藤悦子 稲妻や山一斉に立ち上がる 藤田和代 十六夜のしづけさに在る己が影 岩本水霜 糸底の手触り重き夜の秋 須川てる子 手の皺を笑ひ合うては麦酒…

藤井あかり

百千鳥さへ聞こえなくなる祈り 早産で産まれた子への保育器への願い

正岡子規の母曰く

毎年よ彼岸の入りに寒いのは

西川火尖 第一句集『サーチライト』を読む

『サーチライト』は西川火尖の第一句集。序:石寒太 「炎環」同人。 同著については 「週刊俳句」の石川火尖第一句集『サーチライト』特集に句集評を寄稿したので、下記リンクを参照。 週刊俳句 Haiku Weekly: 第777号 2022年3月13日 (weekly-haiku.blogspot…

水にじむごとく夜が来てヒヤシンス 岡本眸

白鳥帰る

声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て 加藤楸邨 鷽鳴くや山頂きに真昼の日 相馬遷子 頬白や一人の旅の荷がひとつ有働亨 頬白や目つむりて空白となる 森澄雄

塩田を雲とへだてて遍路ゆく 阿波野青畝 雲がさびしくて遍路も群つくる 藤田湘子 灌仏や鳶の子笛を吹きならふ 川端茅舎 降り足りて夜空むらさき仏生会 鍵和田柚子 くろがねの丹田ひかる甘茶仏 野澤節子 門前にあをあをと海花御堂 高野素十 うららかに妻のあ…

『俳句の音韻について 母音を中心として』 渡邉建彦 を読む

「かつらぎ」同人。 元医学部教授。 の第一評論集。 10万句にわたる俳句の分析が素晴らしい。 俳人がおそらくそうかもしれないなと思っていることを、数字及び分析をもって明確に提示したことが大変有意義。 さらに俳響点という概念の提案は新たな視座を俳…

fudan cafe

熊笹に虫とぶ春の月夜かな 前田普羅 蹴あげたる鞠のごとくに春の月 富安風生 春の月産湯をすつる音立てて 石田波郷 誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏 朧三日月吾子の夜髪ぞ潤へる 中村草田男 朧夜や殺してみろといふ声も 高浜虚子 浴身月出てすぐに朧…

根岸善雄 第三句集『松韻』を読む

『松韻』は根岸善雄の第三句集。 十五句抄 八月の海峡まぶし烏賊を干す 月明の湖に白鳥珠となる 鷺草の地に曳く影も風に舞ふ 雁ゆきて夜はしろがねの結氷湖 てのひらにともる螢のつめたさよ 椎の木に水のにほひの熱帯夜 風花のあと群青の山毛欅の空 止り鮎水…

野中亮介

壇ノ浦上潮尖る葉月かな 木の宿の木の風呂鶉鳴きにけり 豌豆や子がそつと出す通知表 盆提灯たためば熱き息をせり 烏瓜のため一山の涸れ尽くす 寒林に寒林の空映す水 春満月映す漆を重ねけり 少年に男の香あり冬木立 つまさきに力をこめて巣立ちけり 田螺やや…

植田桂子 第一句集『初ざくら』を読む

『初ざくら』は植田桂子の第1句集。序:德田千鶴子 跋:野中亮介 15句抄 花うぐひいのちの色をふりこぼし 茶摘女の産毛ゆたかに唄ひけり 水兵の襟もとすがし五月晴 海女小屋にミシン踏む音あたたかし 子遍路のゆたかなる髪束ね発つ 月見草月を待たずに咲き…

馬酔木第101巻第2号

鼻先を犬に舐められ年男 那須淳男 沸騰のあと湯がしづか春を待つ 西川織子 両の手に包む子の頬雪催 丹羽啓子 武蔵野にふるみちのこり咲くすみれ 水原秋桜子 綿虫や歪みふくらむ遊びの輪 藤野力 ふりだしにもどす話や狸汁 同上 蓮根掘膝の水嵩かき分けて 堤京…

植田桂子

星屑を沖へ傾け葛湯吹く 筑紫野の雲かげ淡し雛の市 とりどりの栞聖書にさくら草 リヤカーに乗る子押す子や麦の秋 紫陽花忌頭上の星の濃くなりて 風鈴や藍の香のこる母の帯 祈る手をほどきて受くる菊の花 冬薔薇ピアノの蓋を固く閉づ 水よりも雲のひかりて初…

私と俳句

「私と俳句」という題を頂いた。春郎前主宰のような軽妙な随筆は到底書けないが、ささやかな自己紹介を書いてみる。 思い返せば幼い頃から活字中毒であった。幼稚園か小学校に入る頃、留守番の間、辞書を読んでいたことがあった。かえって親に心配された。 …

時事通信より 俳人の根岸善雄氏死去

俳人の根岸善雄氏死去:時事ドットコム (jiji.com) 根岸 善雄氏(ねぎし・よしお=俳人)16日午前7時45分、多発性骨髄腫のため埼玉県羽生市の自宅で死去、82歳。同県出身。葬儀は24日午前11時から同市西3の29の14のダイリン羽生きらら会館で…

根岸善雄先生長逝

『塔』第五集 根岸善雄集より 「『青渦』のあとがき」に作句の目標として、「内をつねに勤て物に応ずれば、その心のいろ句となる」(赤冊子)と書いた。この気持ちは今も変らないし、今後も試行錯誤しつつ、模索してゆきたいと思っている。 現在も心がけてい…

穀象

残響のピアノに揺れて室の花 植田桂子 卒業や海原を指す風向計 同上 襖絵の鶴を残して春逝けり同上

六日・鬼子母神

寒明の崖のこぼせる土赤く 木下夕爾 遠き春遠きままにて地踏みたり 森村誠一 詩に痩せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女 葉牡丹の火むら冷めたる二月かな 松本たかし

三日

新雪を踏みしめてゆく今年かな 本年も宜しくお願い致します!

初山河

谷々や出水滝なす草の秋 飯田蛇笏

枯芝

尺獲の歩みに巡る月日かな 高橋将夫 冬波を掬ふ岩見のひしやく星 田中静龍 椰子の木の一対高し氷張る 黒田咲子

食積・鏡餅

食積や日がいつぱいの母の前 山田みづえ 瞑らねばみえぬもの在り鏡餅 河原枇杷男 鏡餅こころの海の光るなり 鍵和田柚子