愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

写真

渡良瀬葦焼

雛の間に寝てたましひの眠られず 大石悦子 明るくてまだ冷たくて流し雛 森澄雄 雁供養星見えぬ夜は海荒れて 成瀬桜桃子 雁風呂や日の暮れ方を波さわぐ 豊長みのる 義士祭日照雨きし坂息はずみ 村沢夏風 万愚節に恋うちあけしあはれさよ 安住敦 エイプリルフ…

塩田を雲とへだてて遍路ゆく 阿波野青畝 雲がさびしくて遍路も群つくる 藤田湘子 灌仏や鳶の子笛を吹きならふ 川端茅舎 降り足りて夜空むらさき仏生会 鍵和田柚子 くろがねの丹田ひかる甘茶仏 野澤節子 門前にあをあをと海花御堂 高野素十 うららかに妻のあ…

Queen洋菓子店

早春のセーラー服が息づけり 高峯秀樹 雲の峰巨大マンション土台とす 同上 菊着せて菊師が姫に魂入れる同上 船客はすべて同胞秋夕焼 同上 たましひのしづかにうつる菊見かな 飯田蛇笏 わがいのち菊にむかひてしづかなる 水原秋桜子 水底のもみぢと浮いて居る…

fudan cafe

熊笹に虫とぶ春の月夜かな 前田普羅 蹴あげたる鞠のごとくに春の月 富安風生 春の月産湯をすつる音立てて 石田波郷 誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏 朧三日月吾子の夜髪ぞ潤へる 中村草田男 朧夜や殺してみろといふ声も 高浜虚子 浴身月出てすぐに朧…

穀象

残響のピアノに揺れて室の花 植田桂子 卒業や海原を指す風向計 同上 襖絵の鶴を残して春逝けり同上

正月の凧

みづうみの満月とゆれ残り鴨 田島和生 五月富士裾まで晴れて海に立つ 高橋悦男 雪合戦あの子ばかりを狙ひけり 徳田千鶴子 冬草の青きを踏みて耕二の忌 小野恵美子 一島へ舟を乗り継ぐ御講凪 橋本栄治 美しき声と歌留多を任さるる 野中亮介 大年の潮高鳴り鵜…

七草粥

「月光」 年輪を重ねて夫婦炭を継ぐ 沖雲のかろくなりたる花ミモザ 口紅の濃きが愛しや江戸雛 雛の間や乾く絵筆に紅すこし 春鴨の数だけ風をおいてゆき 以上 植田桂子

初雪

ぶちあてる貨車の連結梅雨の月 那須淳男 網戸入れ青き海風通しけり 長谷川閑乙 網戸入れ夜は深海に在るごとし 平賀扶人 山藤の夜は竜神となりて舞ふ 山本雅子 甲斐駒は天空の山朴咲けり 根岸善雄 この先達の自然詠は、どれも透き通っていて美しく格調が高い…

六日・鬼子母神

寒明の崖のこぼせる土赤く 木下夕爾 遠き春遠きままにて地踏みたり 森村誠一 詩に痩せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女 葉牡丹の火むら冷めたる二月かな 松本たかし

五日

川瀬ゆるく浪をおくるや青あらし 飯田蛇笏 汗冷えつ笠紐ひたる泉かな 同上 硯洗ふや虹濃き水のゆたかなる 同上 展墓日暑し玉虫袖をあゆむかな 同上 夏蝶や羊歯ゆりて又雨来る 同上

二日

花を揺る上風や夜をふかめつつ 飯田蛇笏 秋草やぬれていろめく籠の中 同上 月さして鴛鴦浮く池の水輪かな 同上

今年

鳥影にむれたつ鳥や秋の山 飯田蛇笏 月いでて雪山遠きすがたかな 同上 薄雪に月出ぬ山は夕日して 同上 氷柱

雑煮

山雪に焚く火ばしらや二月空 月いよいよ大空わたる焼野かな 牧がすみ西うちはれて猟期畢ふ 日影して胸ふとき鶏や芹の水 三伏の月の小ささや焼ヶ岳 以上 飯田蛇笏

初山河

谷々や出水滝なす草の秋 飯田蛇笏

雪掻・雪まろげ

寒林の陽を見上げては眼をつぶる 飯田蛇笏

去年

水底に届かぬ雪の白さかな 蜂谷一人

砺波

おとうとはひかりに慣れず沙羅の花 古田秀 あたらしき靴の吸ひつき鳥の恋 同上 土曜日はおほかた待たされて嚔 同上 蟻穴を出る眠くても小雨でも 未補 奇術師の嚔におとうとが消える 同上 青に餓えて大暑に唸る発電所 同上 ストローに青がまつすぐソーダ水 山…

狸罠

割れさうな十一月の夕焼かな 才野洋

初手水

餅焼けば越後平野が盛り上がる 石口栄 配達記録追跡すれば雪女 同上 妻はまだ祈りを解かぬ初参 石田きよし 肺腑透くほど息吸はむ冬銀河 中村千久 寒卵割る音今日のはじまる音 佐野延子 今落ちし椿は掃かず若き僧 同上 大桜残しふるさと滅びゆく 同上

枯芝

尺獲の歩みに巡る月日かな 高橋将夫 冬波を掬ふ岩見のひしやく星 田中静龍 椰子の木の一対高し氷張る 黒田咲子

宝船

宝舟

柚子湯

舘山寺温泉

駿府城公園

静岡おでん

三保の松原

日本平

久能山東照宮

お茶ミュージアム