愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

写真

ウツボカズラなど

芍薬を剪り弔へ身づくろふ 野中亮介

芋虫

友死すと掲示してあり休暇明 上村占魚 秋扇や高浪きこゆ静けさに 水原秋櫻子 檜原湖 七夕の湖漕ぐ舟を鵜が追へる 同上

朝顔

大飛瀑藍ひらめくは秋なりけり 渡辺水巴 満月の秋到らんと音絶えし 飯田龍太 むさし野の秋は白雲よりととのふ 上村占魚 人声のうしろより来て秋立つか 加藤楸邨 今朝九月草樹みづから目覚め居て 中村草田男 冷え冷えと闇の定まる初秋かな 飯田蛇笏 新涼のい…

海の日の水はじきたる子の背中 市村健夫 男手に育ちし男の子冷し瓜 緑川啓子 ゆづり葉や生きるといふは遺さるる角川春樹 落ちてすぐ風に解かるる落し文 北川みよ子 己が身の短き影や炎天下 石井清一郎 月光に愛されて滝ますぐなり奥坂まや いつさいの音のは…

遠白き峰刃文のごとく雪連ね 岡田貞峰 地吹雪の中を発ちゆく救護橇 根岸善雄 あかつきの沼の面はがし雁発てり 小森泰子 月光に影をあつめて冬の雁 一民江 描き居し仔馬が顔を寄せてくる 藤野力

柳絮

海の波砕けて鳴らず花大根 中西舗土

ザリガニ釣

星ひとつ出れば星空夏料理 野中亮介上蔟や澄みて膨らむ山の月同上

錦糸橋

燭台にたまる蝋涙梅雨入かな 西村博子 子の料理早くて旨し梅雨晴間 永峰久比古 囲まるる童女が師匠草の笛 藤野力

大西朋

口開けて鯰のたくる草の上 波の音聞きつつ復習ふ祭笛 あめんぼに張り詰めて居る水面かな

大中寺 あじさい

庭石のひとつが蟇の声を出す 山本一歩 蚕豆のさみどりやさし兄の忌よ 白澤よし子

じゃがいもの花

日の幹に触るる人見てあたたかし 関根誠子 風光るひかりて人を浚ひゆく 同上 雪代の行方あはうみ余呉の湖 依田善朗 百年に一つ歳とる雛かな 同上 紙雛匣開け直し納めけり 同上 みづうみの残照へゆく春の鴨 名取里美 類題を嵩より探す寒灯 鶴岡加苗 底冷の床…

日光

翳りても曇らざりけり春の水西村和子 春の川奏づるところ照りにけり 同上 蟻が蟻の頭乗り越え穴を出づ 深見けん二 先生は何時もはるかや虚子忌来る 同上 ゆく春や青鮫の声譜に移す 佐怒賀正美 滝桜この世は江戸の彼岸かな 同上 春暁やいつまで回る水車 柿本…

夕顔の音だったのか声だったのか 池田澄子 若芝に影とならざるものもあり 星野高士 輪をゆらし大きな石鹸玉つくる山西雅子 がらがらと山崩しては栄螺選る 南うみを 夏来る榛名十峰色たがへ 木暮陶句郞 どつしりと尻をつけたる菖蒲風呂 仙田洋子

花いちもんめ

肉親へ一直線に早苗投ぐ 能村研三 星一つ田の面に落ちて遠囃子 上田五千石

錦糸公園

青嵐 青葉には夏が詰まっているのかも 夏色を折り畳みたる青葉かな

蜥蜴

人生の終着駅や籐寝椅子 秋山千代子

アマリリス

若葉には春が詰まつているのかも萌黄青竹千草若苗

麦秋

枯蘆に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女

アカシアの花

くぐるべき門の向かうに桜かな 才野洋 竜の玉よきのことのみを母に告ぐ 土田利子 目開けば海目つむれば閑古鳥 飯田龍太 知床の雪渓に星下りむとす 清水道子 ひとすぢの螢に闇の息づけり 同上 立ちあがる子鹿に草の匂ひかな 白岩敏秀

苜蓿

打ち方を教へて打たれ水鉄砲 横山喜三郎 炎天を来て半熟になつてをり 越前春生 今日の分全て注いでゆく西日 松井勉 寒がりの最期は菊の厚布団 長谷川洋児 熱燗を今日咜りたる部下に注ぐ 清水呑舟 先輩を渾名で覚え新社員 高田敏男 御慶述ぶインターホンに一…

カーネーション

夕富士のうすむらさきの端午かな 松尾隆信 月光の新樹並木をポストまで 同上 龍太の鳶蛇笏の連山袋掛 同上 足首を上げて背伸びや麦の秋 同上 短夜やリュックサックは壁に立て 同上 真上より夕べのチャイム青嵐 同上 満月に雲ひとつなし夏暖簾 同上 バナナ呑…

青き鳥黒く見え居し若葉風 岡田由季 サルビアや奥に犬居る美容室 同上 早退の春野架空の歌うたひ 倉木はじめ 地に触るる花弁より溶け落椿 篠崎央子 五月闇より枕木の繰られけり沼尾将之

鯉幟

遠雷や神々の国暮れ残る 野木桃花 いきいきと川波流れ初つばめ 松岡隆子 曇る日の花の白さの匂ふかな 同上 惜春の橋を渡るに振り返る 同上 残桜や山湖音なく暮れゆける 同上

柏餅

麗かや小魚跳ぬる潮だまり 鹿又英一 いつまでもかはほりの飛ぶ薄暑かな 島村正 蜷の道覆ひて川藻流れゆく名和未知男

みどりの日

遠い日の雲呼ぶための夏帽子 大牧広 衣をぬぎし闇のあなたにあやめ咲く 桂信子 竹の葉の落ちゆく先も竹の谷 鷲谷七菜子 布織ってをり垂直に汗落ちて 中山和子 行春の一人旅にて淋しかろ 大竹孤愁 残り葉の人のけはひに散りかかる 同上 一山の挿頭と見ゆる桜…

兜飾る

鮒鮓や夜の底深き湖の国 伊藤伊那男 平凡を願ふくらしや胡瓜漬 三沢久子 冷し瓜回して水の流れ去る 大串章 冷し西瓜縞目ゆたかに浮びをり 浅井よし子 茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾加藤楸邨

紫木蓮

夏山に向ひ吸ひ寄せられんとす 清崎敏郎 日もすがら木を伐る響梅雨の山 前田普羅

砺波

短夜やからからと鳴る車井戸 村上鬼城 水口をあけて水澄む青田かな 以下同じ 提灯に風の吹き入る青田かな 南風のそよ吹き渡る青田かな 宵闇に五位の鳴き越す青田かな しののめや青田をわたる南風 白百合のしらしら咲いてそり返る 百合さいて草間の道の夜明か…

袋田の滝

万緑の大きな息の中にあり 中村正幸

稲畑汀子

吉野山闇に沈めて朧の灯 稲畑汀子 又語る夫の遺影に鉦叩 同上 どの部屋も夫ありし日の秋灯 同上 深々と満ちゆけるもの月今宵 同上 空といふ自由鶴舞ひやまざるは 同上 四十代で、父と夫を相次いで亡くし、悲しみの旅にあったときに出会った景色。