愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

絵画

高村光太郎「造形美論」

(造形美とは)すべてそういう類の生命感をそれぞれの技術によって得ようとすることである。

川端康成『春景色』

竹林は日光の裏から眺めるのがいいことを彼は発見した。日のあたるおもてから見ては駄目である。

ポール・セザンヌ 台所のテーブル(籠のある静物)

伊藤若冲

紅葉小禽図 鹿苑寺大書院障壁画 糸瓜群虫図

東山魁夷

夕静寂 春兆 北陽 緑響く 行く秋