愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

写真

アカシアの花

苜蓿

打ち方を教へて打たれ水鉄砲 横山喜三郎 炎天を来て半熟になつてをり 越前春生 今日の分全て注いでゆく西日 松井勉 寒がりの最期は菊の厚布団 長谷川洋児 熱燗を今日咜りたる部下に注ぐ 清水呑舟 先輩を渾名で覚え新社員 高田敏男 御慶述ぶインターホンに一…

カーネーション

青き鳥黒く見え居し若葉風 岡田由季 サルビアや奥に犬居る美容室 同上 早退の春野架空の歌うたひ 倉木はじめ 地に触るる花弁より溶け落椿 篠崎央子 五月闇より枕木の繰られけり沼尾将之

鯉幟

遠雷や神々の国暮れ残る 野木桃花 いきいきと川波流れ初つばめ 松岡隆子 曇る日の花の白さの匂ふかな 同上 惜春の橋を渡るに振り返る 同上 残桜や山湖音なく暮れゆける 同上

柏餅

麗かや小魚跳ぬる潮だまり 鹿又英一 いつまでもかはほりの飛ぶ薄暑かな 島村正 蜷の道覆ひて川藻流れゆく名和未知男

みどりの日

遠い日の雲呼ぶための夏帽子 大牧広 衣をぬぎし闇のあなたにあやめ咲く 桂信子 竹の葉の落ちゆく先も竹の谷 鷲谷七菜子 布織ってをり垂直に汗落ちて 中山和子 行春の一人旅にて淋しかろ 大竹孤愁 残り葉の人のけはひに散りかかる 同上 一山の挿頭と見ゆる桜…

兜飾る

鮒鮓や夜の底深き湖の国 伊藤伊那男 平凡を願ふくらしや胡瓜漬 三沢久子 冷し瓜回して水の流れ去る 大串章 冷し西瓜縞目ゆたかに浮びをり 浅井よし子 茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾加藤楸邨

紫木蓮

夏山に向ひ吸ひ寄せられんとす 清崎敏郎 日もすがら木を伐る響梅雨の山 前田普羅

砺波

短夜やからからと鳴る車井戸 村上鬼城 水口をあけて水澄む青田かな 以下同じ 提灯に風の吹き入る青田かな 南風のそよ吹き渡る青田かな 宵闇に五位の鳴き越す青田かな しののめや青田をわたる南風 白百合のしらしら咲いてそり返る 百合さいて草間の道の夜明か…

袋田の滝

万緑の大きな息の中にあり 中村正幸

稲畑汀子

吉野山闇に沈めて朧の灯 稲畑汀子 又語る夫の遺影に鉦叩 同上 どの部屋も夫ありし日の秋灯 同上 深々と満ちゆけるもの月今宵 同上 空といふ自由鶴舞ひやまざるは 同上 四十代で、父と夫を相次いで亡くし、悲しみの旅にあったときに出会った景色。

林檎の花

指先の広がってゆく初湯かな 山口誠 どちらともつかぬ返事や着ぶくれて 三木節子 大根引く土の鼓動に合はせつつ 猪上ひろみ 掌に酒湿らせて鍬始 古川邑秋 数へ日の地球儀まはしながら拭く 山口桃 火の色が火の色を呼ぶ野焼かな 日下光代 竹の子の山ごと譲る…

同じ写真がぶれるとゴッホの糸杉を思わせて不穏

若葉

真開きに河豚の鰭干す壇之浦 千々和恵美子

山桜

全長の滝となるまで後退り 白岩敏秀 人はみな優しくなれり冬帽子 中尾公彦 鳥獣の星座組み上げ山眠る 山田佳乃 一弁もみだれず風の夕牡丹 水原秋桜子 鳥籠に鳥の居ぬ日々春深し 徳田千鶴子

桜に鶯?

精神が曇りそうな時は、孤独でいるのがよい 川端康成 「少年」

興禪寺

仏生会

観潮船渦の形に梶を切る 石井いさお 筑波嶺の二峰相寄る冬日和 矢内修一 めくるめくほどの紺天鷹渡る 横澤放川 子鹿来て旅愁影さす蕨餅 水原秋桜子 白梅のふふむも散るもまた静か 徳田千鶴子 開戦の日ぞ海鳴りを鎮魂歌 岡田貞峰 鷹をとめ天領杉の空ふかし 同…

白鳥帰る

声やはらぐ鷽の日あたる胸毛見て 加藤楸邨 鷽鳴くや山頂きに真昼の日 相馬遷子 頬白や一人の旅の荷がひとつ有働亨 頬白や目つむりて空白となる 森澄雄

鞆の浦

親馬のあとあしの辺の子馬ゆく 星野立子 肌ぬくきまで孕み鹿寄り来たる 山崎ひさを 春の鹿水のひびきが木の間より 友岡子郷 風強く晴れたる山の落し角 宇佐美魚目 雲上にまだ雪嶺や百千鳥 森澄雄 鶯やうれしきときのなほかなし 安部みどり女 鶯や薬を秤るも…

渡良瀬葦焼

雛の間に寝てたましひの眠られず 大石悦子 明るくてまだ冷たくて流し雛 森澄雄 雁供養星見えぬ夜は海荒れて 成瀬桜桃子 雁風呂や日の暮れ方を波さわぐ 豊長みのる 義士祭日照雨きし坂息はずみ 村沢夏風 万愚節に恋うちあけしあはれさよ 安住敦 エイプリルフ…

塩田を雲とへだてて遍路ゆく 阿波野青畝 雲がさびしくて遍路も群つくる 藤田湘子 灌仏や鳶の子笛を吹きならふ 川端茅舎 降り足りて夜空むらさき仏生会 鍵和田柚子 くろがねの丹田ひかる甘茶仏 野澤節子 門前にあをあをと海花御堂 高野素十 うららかに妻のあ…

Queen洋菓子店

早春のセーラー服が息づけり 高峯秀樹 雲の峰巨大マンション土台とす 同上 菊着せて菊師が姫に魂入れる同上 船客はすべて同胞秋夕焼 同上 たましひのしづかにうつる菊見かな 飯田蛇笏 わがいのち菊にむかひてしづかなる 水原秋桜子 水底のもみぢと浮いて居る…

fudan cafe

熊笹に虫とぶ春の月夜かな 前田普羅 蹴あげたる鞠のごとくに春の月 富安風生 春の月産湯をすつる音立てて 石田波郷 誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏 朧三日月吾子の夜髪ぞ潤へる 中村草田男 朧夜や殺してみろといふ声も 高浜虚子 浴身月出てすぐに朧…

穀象

残響のピアノに揺れて室の花 植田桂子 卒業や海原を指す風向計 同上 襖絵の鶴を残して春逝けり同上

正月の凧

みづうみの満月とゆれ残り鴨 田島和生 五月富士裾まで晴れて海に立つ 高橋悦男 雪合戦あの子ばかりを狙ひけり 徳田千鶴子 冬草の青きを踏みて耕二の忌 小野恵美子 一島へ舟を乗り継ぐ御講凪 橋本栄治 美しき声と歌留多を任さるる 野中亮介 大年の潮高鳴り鵜…

七草粥

「月光」 年輪を重ねて夫婦炭を継ぐ 沖雲のかろくなりたる花ミモザ 口紅の濃きが愛しや江戸雛 雛の間や乾く絵筆に紅すこし 春鴨の数だけ風をおいてゆき 以上 植田桂子

初雪

ぶちあてる貨車の連結梅雨の月 那須淳男 網戸入れ青き海風通しけり 長谷川閑乙 網戸入れ夜は深海に在るごとし 平賀扶人 山藤の夜は竜神となりて舞ふ 山本雅子 甲斐駒は天空の山朴咲けり 根岸善雄 この先達の自然詠は、どれも透き通っていて美しく格調が高い…

六日・鬼子母神

寒明の崖のこぼせる土赤く 木下夕爾 遠き春遠きままにて地踏みたり 森村誠一 詩に痩せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女 葉牡丹の火むら冷めたる二月かな 松本たかし