愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

写真

木幡神社

茶果

高原の夏の小菊を花束に 禰宜田潤市 春を待つ影あるものの命かな 同上

昼の虫

月光は空いつぱいの仏かな落合水尾 噴水のいただきに水弾ねてをり 同上 ちやんちやんこ着て空船をあやつれる 同上

立待月

肘張りて新酒をかばふかに飲むよ 中村草田男 青林檎真っ白に剥き青を捨つ 上窪青樹 雲の峰黒板消しの匂いかな 同上 虫籠に溜まるか月の光なら 大島雄作 死ぬ人は吾を忘るる鰯雲 同上

弓張月

青蘆の風分け行けり調教馬 小森泰子 大漁旗先頭に立て盆踊 植田桂子 息づかひ拾ふマイクや盆踊 同上 手花火に父似の顔の浮かびけり 兼久ちわき 岩礁に砕くる波や夜光虫 斉木永久 白樺の影被て涼し野外弥撒 渡会昌広 青萩の躙り口まだ濡れてをり 大上充子 あ…

上弦

重陽の夕焼を見るいくたりか 阿部みどり女

浅蜊 ががんぼ 紫 白

むらさきが支へて春の虹立てり 細谷喨々 うすものの重り合ひて濃むらさき 山口青邨 紫は水に映らず花菖蒲 高濱年尾 地平線に一番近いラベンダー 前田弘 磨崖仏おほむらさきを放ちけり 黒田杏子 初なすび水の中より跳ね上がる 長谷川櫂 山晴れが紫苑きるにも…

はなこころ

鈴虫の声水となり風となり堀口星眠 灯かざせば鈴虫移る松の幹 木津柳芽 鈴虫の高音に心つきゆけず 中島秀子 遅月の雲険しくて轡虫 水原秋櫻子 森を出て会ふ灯がまぶし轡虫 石田波郷 朝霧の雨となりゆく草ひばり 冨岡掬池路

ウツボカズラなど

芍薬を剪り弔へ身づくろふ 野中亮介

芋虫

友死すと掲示してあり休暇明 上村占魚 秋扇や高浪きこゆ静けさに 水原秋櫻子 檜原湖 七夕の湖漕ぐ舟を鵜が追へる 同上

朝顔

大飛瀑藍ひらめくは秋なりけり 渡辺水巴 満月の秋到らんと音絶えし 飯田龍太 むさし野の秋は白雲よりととのふ 上村占魚 人声のうしろより来て秋立つか 加藤楸邨 今朝九月草樹みづから目覚め居て 中村草田男 冷え冷えと闇の定まる初秋かな 飯田蛇笏 新涼のい…

海の日の水はじきたる子の背中 市村健夫 男手に育ちし男の子冷し瓜 緑川啓子 ゆづり葉や生きるといふは遺さるる角川春樹 落ちてすぐ風に解かるる落し文 北川みよ子 己が身の短き影や炎天下 石井清一郎 月光に愛されて滝ますぐなり奥坂まや いつさいの音のは…

遠白き峰刃文のごとく雪連ね 岡田貞峰 地吹雪の中を発ちゆく救護橇 根岸善雄 あかつきの沼の面はがし雁発てり 小森泰子 月光に影をあつめて冬の雁 一民江 描き居し仔馬が顔を寄せてくる 藤野力

柳絮

海の波砕けて鳴らず花大根 中西舗土

ザリガニ釣

星ひとつ出れば星空夏料理 野中亮介上蔟や澄みて膨らむ山の月同上

錦糸橋

燭台にたまる蝋涙梅雨入かな 西村博子 子の料理早くて旨し梅雨晴間 永峰久比古 囲まるる童女が師匠草の笛 藤野力

大西朋

口開けて鯰のたくる草の上 波の音聞きつつ復習ふ祭笛 あめんぼに張り詰めて居る水面かな

大中寺 あじさい

庭石のひとつが蟇の声を出す 山本一歩 蚕豆のさみどりやさし兄の忌よ 白澤よし子

じゃがいもの花

日の幹に触るる人見てあたたかし 関根誠子 風光るひかりて人を浚ひゆく 同上 雪代の行方あはうみ余呉の湖 依田善朗 百年に一つ歳とる雛かな 同上 紙雛匣開け直し納めけり 同上 みづうみの残照へゆく春の鴨 名取里美 類題を嵩より探す寒灯 鶴岡加苗 底冷の床…

日光

翳りても曇らざりけり春の水西村和子 春の川奏づるところ照りにけり 同上 蟻が蟻の頭乗り越え穴を出づ 深見けん二 先生は何時もはるかや虚子忌来る 同上 ゆく春や青鮫の声譜に移す 佐怒賀正美 滝桜この世は江戸の彼岸かな 同上 春暁やいつまで回る水車 柿本…

夕顔の音だったのか声だったのか 池田澄子 若芝に影とならざるものもあり 星野高士 輪をゆらし大きな石鹸玉つくる山西雅子 がらがらと山崩しては栄螺選る 南うみを 夏来る榛名十峰色たがへ 木暮陶句郞 どつしりと尻をつけたる菖蒲風呂 仙田洋子

花いちもんめ

肉親へ一直線に早苗投ぐ 能村研三 星一つ田の面に落ちて遠囃子 上田五千石

錦糸公園

青嵐 青葉には夏が詰まっているのかも 夏色を折り畳みたる青葉かな

蜥蜴

人生の終着駅や籐寝椅子 秋山千代子

アマリリス

若葉には春が詰まつているのかも萌黄青竹千草若苗

麦秋

枯蘆に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女

アカシアの花

くぐるべき門の向かうに桜かな 才野洋 竜の玉よきのことのみを母に告ぐ 土田利子 目開けば海目つむれば閑古鳥 飯田龍太 知床の雪渓に星下りむとす 清水道子 ひとすぢの螢に闇の息づけり 同上 立ちあがる子鹿に草の匂ひかな 白岩敏秀

苜蓿

打ち方を教へて打たれ水鉄砲 横山喜三郎 炎天を来て半熟になつてをり 越前春生 今日の分全て注いでゆく西日 松井勉 寒がりの最期は菊の厚布団 長谷川洋児 熱燗を今日咜りたる部下に注ぐ 清水呑舟 先輩を渾名で覚え新社員 高田敏男 御慶述ぶインターホンに一…

カーネーション

夕富士のうすむらさきの端午かな 松尾隆信 月光の新樹並木をポストまで 同上 龍太の鳶蛇笏の連山袋掛 同上 足首を上げて背伸びや麦の秋 同上 短夜やリュックサックは壁に立て 同上 真上より夕べのチャイム青嵐 同上 満月に雲ひとつなし夏暖簾 同上 バナナ呑…

青き鳥黒く見え居し若葉風 岡田由季 サルビアや奥に犬居る美容室 同上 早退の春野架空の歌うたひ 倉木はじめ 地に触るる花弁より溶け落椿 篠崎央子 五月闇より枕木の繰られけり沼尾将之