愛ね、暗いね。

あるいは小さな夜の曲

栃木

大中寺 あじさい

庭石のひとつが蟇の声を出す 山本一歩 蚕豆のさみどりやさし兄の忌よ 白澤よし子

日光

翳りても曇らざりけり春の水西村和子 春の川奏づるところ照りにけり 同上 蟻が蟻の頭乗り越え穴を出づ 深見けん二 先生は何時もはるかや虚子忌来る 同上 ゆく春や青鮫の声譜に移す 佐怒賀正美 滝桜この世は江戸の彼岸かな 同上 春暁やいつまで回る水車 柿本…

夕顔の音だったのか声だったのか 池田澄子 若芝に影とならざるものもあり 星野高士 輪をゆらし大きな石鹸玉つくる山西雅子 がらがらと山崩しては栄螺選る 南うみを 夏来る榛名十峰色たがへ 木暮陶句郞 どつしりと尻をつけたる菖蒲風呂 仙田洋子

花いちもんめ

肉親へ一直線に早苗投ぐ 能村研三 星一つ田の面に落ちて遠囃子 上田五千石

麦秋

枯蘆に曇れば水の眠りけり 阿部みどり女

鯉幟

遠雷や神々の国暮れ残る 野木桃花 いきいきと川波流れ初つばめ 松岡隆子 曇る日の花の白さの匂ふかな 同上 惜春の橋を渡るに振り返る 同上 残桜や山湖音なく暮れゆける 同上

みどりの日

遠い日の雲呼ぶための夏帽子 大牧広 衣をぬぎし闇のあなたにあやめ咲く 桂信子 竹の葉の落ちゆく先も竹の谷 鷲谷七菜子 布織ってをり垂直に汗落ちて 中山和子 行春の一人旅にて淋しかろ 大竹孤愁 残り葉の人のけはひに散りかかる 同上 一山の挿頭と見ゆる桜…

那須雪崩裁判

珍しく、裁判所に報道陣がいると思ったらこれか。

林檎の花

指先の広がってゆく初湯かな 山口誠 どちらともつかぬ返事や着ぶくれて 三木節子 大根引く土の鼓動に合はせつつ 猪上ひろみ 掌に酒湿らせて鍬始 古川邑秋 数へ日の地球儀まはしながら拭く 山口桃 火の色が火の色を呼ぶ野焼かな 日下光代 竹の子の山ごと譲る…

若葉

真開きに河豚の鰭干す壇之浦 千々和恵美子

桜に鶯?

精神が曇りそうな時は、孤独でいるのがよい 川端康成 「少年」

興禪寺

仏生会

賀喜遥香

乃木坂46の4期生。 宇都宮女子高*1の出。 同郷で最も勢いのある人として、個人的に応援している。 でも、写真集は買わない笑 *1:県内屈指の進学校

渡良瀬葦焼

雛の間に寝てたましひの眠られず 大石悦子 明るくてまだ冷たくて流し雛 森澄雄 雁供養星見えぬ夜は海荒れて 成瀬桜桃子 雁風呂や日の暮れ方を波さわぐ 豊長みのる 義士祭日照雨きし坂息はずみ 村沢夏風 万愚節に恋うちあけしあはれさよ 安住敦 エイプリルフ…

荒井退造展・ウクライナ侵攻

冴返るキエフの門に軍靴かな 菊池まゆ 組曲《展覧会の絵》 キエフの大門 チェリビダッケ指揮 - YouTube

Queen洋菓子店

早春のセーラー服が息づけり 高峯秀樹 雲の峰巨大マンション土台とす 同上 菊着せて菊師が姫に魂入れる同上 船客はすべて同胞秋夕焼 同上 たましひのしづかにうつる菊見かな 飯田蛇笏 わがいのち菊にむかひてしづかなる 水原秋桜子 水底のもみぢと浮いて居る…

メテオール

一生を一壺に納め蜆汁 江田ゆう メレンゲの泡の角立つ復活祭 菰田きく絵 まつすぐにひかりを求め蘖ゆる 坂本緑 口開けて象が水浴ぶ穀雨かな 野島正則 神木の張り根ふとぶと一の午 松井恭子 陽炎を来る人遠ざかるやうに 森川敬三

fudan cafe

熊笹に虫とぶ春の月夜かな 前田普羅 蹴あげたる鞠のごとくに春の月 富安風生 春の月産湯をすつる音立てて 石田波郷 誰か手をたたく春月出てをりぬ 川崎展宏 朧三日月吾子の夜髪ぞ潤へる 中村草田男 朧夜や殺してみろといふ声も 高浜虚子 浴身月出てすぐに朧…

狸罠

割れさうな十一月の夕焼かな 才野洋

初手水

餅焼けば越後平野が盛り上がる 石口栄 配達記録追跡すれば雪女 同上 妻はまだ祈りを解かぬ初参 石田きよし 肺腑透くほど息吸はむ冬銀河 中村千久 寒卵割る音今日のはじまる音 佐野延子 今落ちし椿は掃かず若き僧 同上 大桜残しふるさと滅びゆく 同上

rimorimo

https://www.tochinavi.net/spot/home/?id=17975

大雄寺 黒羽

蜂巣

銀杏散る・冬紅葉

黄落

route 66

霧降高原キスゲ平

鬼怒川

ほうたるよひとつはわがてのひらへ ほうたるよ母ありてこの命あり

ZUCCa

http://zucca-italian.com/

山法師